ご予約・お問合せ

ホーム > レストランメニュー > 7月5日(金)からのメニュー

レストランメニュー

7月5日(金)からのメニュー

コースメニューは前日夕方までの完全予約制となっております。
お早めにご予約の上、ご来店くださいませ。

【Aコース¥2900(昼のみ)】

<ごあいさつの一品>
ずんだのクレームカタラーナ
フロマージュブランと生ハムのチップ
<海と旬野菜の前菜>
Aquarium
海の恵みを彩り野菜と共に
<魚料理>
瀬戸内産鮮魚のポワレ
蛸のラグーソースと日本酒のクリーム
<肉料理>
鴨胸肉のポワレ 黒胡椒を効かせたポワブラード
夏の果野菜のロースト 
もしくは
灘の銘酒の香りを纏った国産牛ロースのグリエ
たまり醤油と茎山葵のジュ ドゥ ブフ  (+¥1000)
<デザート>
チェリーとすいかのサマーパフェ
<食後のひと時に>
コーヒーまたは紅茶
<パン>
自家製豆乳パン・チャバタ



【Bコース¥4500(昼)】

<ごあいさつの一品>
ずんだのクレームカタラーナ
フロマージュブランと生ハムのチップ
<海と旬野菜の前菜>
Aquarium
海の恵みを彩り野菜と共に
<前菜Ⅱ>
ゴールドラッシュのフラン
塩糀でマリネした三田ポークのグリエ
<魚料理>
旬を迎えるイサキのクルスティヤン
オマール海老と野菜のブルーテ
<肉料理>
鴨胸肉のポワレ 黒胡椒を効かせたポワブラード
夏の果野菜のロースト 
もしくは
灘の銘酒の香りを纏った国産牛ロースのグリエ
たまり醤油と茎山葵のジュ ドゥ ブフ  (+¥700)
<デザート>
チェリーとすいかのサマーパフェ
<食後のひと時に>
コーヒーまたは紅茶
<パン>
自家製豆乳パン・チャバタ




【RAVIMANA KOBE 開業10周年特別コース】
10年間の感謝をこめて ¥5,500円
<ごあいさつの一品>
季節の食材を使った小さな一皿
 もしくは
サーモンの軽いフュメ キャビア RAVIMANA風 (+1000円)
<海と旬野菜の前菜>
Aquarium
海の恵みを彩り野菜と共に
<スープ>
フォアグラの茶わん蒸し トリュフとポルト酒のソース
<魚料理>
季節の鮮魚と九十九里浜産蛤のブレゼ
海の恵みのソースと共に魔法のフィルムに包んで
<お口直し>
お口直しの一品
<肉料理>
自家製塩糀でマリネした国産牛ロースのポワレ
京都原了郭の黒七味をアクセントに
<デザート>
白桃のアフォガード風
ジンジャーソルベとともに
<食後のひと時に>
珈琲または紅茶
<パン>
自家製豆乳パン・チャバタ



【季節のおすすめコース ¥9000(夜)】 3日前 要予約

<ごあいさつの一品>
季節の食材を使った小さな一皿
<第1章>
旬を迎える鮮魚のデクリネゾン
(その日の仕入れた海の幸に適した調理法で提供します)
<第2章>
淡路島産鱧の炙り焼き グリーンオリーブのソース
夏野菜のシュペルポゼ
<第3章>
じっくり蒸し上げた蝦夷鮑のステーキ
グルノーブル風
<第4章>
お口直しの一品
<第5章>
国産牛サーロインの備長炭やき
この時期美味しい果菜と共に
<第6章>
白桃のアフォガード風
ジンジャーソルベとともに
<食後のひと時に>
珈琲または紅茶
<パン>
自家製豆乳パン・チャバタ



【グランシェフおすすめコース ¥22000】 3日前 要予約

<ごあいさつの一品>
サーモンの軽いフュメ キャビア RAVIMANA風
<第一章>
旬を迎える鮮魚のデクリネゾン
(その日の仕入れた海の幸に適した調理法で提供します)
<第二章>
淡路島産鱧の炙り焼き グリーンオリーブのソース
夏野菜のシュペルポゼ
<第三章>
ラヴィマーナ神戸のスペシャリテ
フォアグラの茶碗蒸し トリュフとポルト酒のソース
<第四章>
季節の鮮魚の海草蒸し
冬瓜のすり流し
<第五章>
お口直しの一品
<第六章>
熊本県産黒毛和牛"和王"の炭火焼き
香川県産5年熟成醤油のソース
<第七章>
白桃のアフォガード風
ジンジャーソルベとともに
<食後のひと時に>
珈琲または紅茶
<パン>
自家製豆乳パン・チャバタ



【お子様ランチ¥1300】

ハンバーグ
海老フライ
唐揚げ
プライドポテト
コーンスープ
オレンジジュース
アイスクリーム

PAGE TOP